日帰りで出来るレーシック手術

現在におきましてはレーシック手術が一般的に実施されているアメリカでは年間100万人以上の患者さんがレーシックを受けています。
この数字というのはアメリカで近視になっている人の約一割であり、非常に関心のある手術と言えるでしょう。

 

レーシックは手術と言いましても入院をする必要は無く、日帰りで全てを終わらせることが出来ます。
術時間も10分前後と大変短く、個人差はありますが翌日には視力が回復してきます。
レーシックというのは、「Laser Assisted in-Situ Keratomileusis」の略であり、世間的に次第に広まってきています。
エキシマレーザー装置を使い、目の表面の角膜の一部を削っていき、角膜を調整させ視力回復を実現させていきます。 時代の最先端の技術によって実施されるレーシックは他の手術と比べてリスクの低い治療方法と言えます。
ただし必ずしもレーシックで視力を回復することが出来るというワケではありませんので、知識を覚えておきましょう。



日帰りで出来るレーシック手術ブログ:2021/5/12

内臓脂肪は健康を害するリスクを高めますが、
有酸素トレーニングを行うことで、皮下脂肪に比べると、
脂肪が素早く落ちるというメリットがあります。

しかし、有酸素トレーニングは、
からだを引き締める筋肉は付きにくいという特徴もあるので、
減量のためには、
筋肉を鍛える無酸素トレーニングを行う必要もあるのです。

有酸素トレーニングと、無酸素トレーニングを組み合わせることによって、
筋肉の量が増えることで内臓脂肪を落とし、
皮下脂肪も燃焼しやすいからだを作ることができます。

筋肉が付くことで、からだは引き締まりますので、
アンチエイジングを考えた減量が実現できるんですね。

有酸素トレーニングで代表的なのは
ウォーキング、水泳、ジョギング、サイクリングですが、
どの有酸素トレーニングでも、きちんと呼吸を行って、
リラックスしながら行うのが良いみたいです。

呼吸を行うというのは、
ウォーキングやジョギングでも
会話ができるスピードをキープするという意味です。
会話を楽しみながら…というのが理想的なんですね。

無酸素トレーニングは、
トレーニング器具や短時間で素早く走るランニングが良いのですが、
高いトレーニング器具をわざわざ購入する必要はありません。

ダンベルを使って、
ひとつひとつの筋肉を
じっくり鍛えるだけでも十分に効果がありますよ。

ただし、からだに無理をさせないくらいに設定した、
重さのダンベルから始めるようにするのが大切です。

女性の場合は1キロくらいかでも十分に効果がありますので、
慣れてきたら少しずつ重さを増やすようにすると良いでしょう。

有酸素トレーニングと、無酸素トレーニングを組み合わせて、
理想のからだ作りを目指しましょう!