まだまだ新しい技術のレーシック

まだまだ新しい技術のレーシック


まだまだ新しい技術のレーシック
レーシックの手術法というのは、眼の中のレンズとされている角膜に安全性の高いレーザーをあてて治療をしていきます。
屈折率を変化させていき、ピントを徐々に合わせていくことで、視力回復を実現出来る手術となります。

レーシックというのは術中や術後の痛みを生じることはほとんど無く、手術による目へのダメージが比較的少ない治療方法となります。
着々とレーシックも広がりを見せており、次第に白内障の手術件数を上回り、 レーシックが占めることになるだろうと予想されているのです。
日本におきましては、2000年に厚生省からレーシックが認可されることになり、今では年間2万5千人の人がレーシックを受けています。
各クリニックのホームページを確認してみますと、実に95%以上の人が裸眼で1.0以上まで視力回復をしているのです。 レーシックは保険対象外となっているので治療を受けるためにはある程度まとまった費用が必要となってきます。
しかし保険が適用されるケースもあるので、まずはレーシックについていろいろと調べてみると良いでしょう。




まだまだ新しい技術のレーシックブログ:2021/3/04

我が家は母子家庭。
10年前に離婚し、
わしはムスメ2人と3人で暮らしている。

上は13歳、下は10歳。
ムスメたちは多感な時期を向かえている。

そんな我が家では、
1週間位前こんな事があった。

わしは家事と育児・仕事をこなす中、
いろんなストレスが溜まっていた。

ムスメたちの前で自然と不機嫌になることも、
八つ当たりをしてしまうことも度々あった。

そんな時、上のムスメにこう言われた。
「ママ、何かあったんならちゃんと話して!」

いつもと違うわしの様子に気づいたのだろう。
わしは、ハッとした。

子どもなんだからと思い、
父母の威厳を保つ為に、必死で弱みを見せないようにしてきた。
それが当たり前だと思っていた。

でも、ムスメの感覚は違っていた。
「しんどいことは3人で分ければ少なくなるし、
嬉しいことは3人で3倍にできると思うよ」

こんな事言われるなんて、思ってもなかった。

「父母」と「子ども」、
確かに線を引く所は引かないといけないと思う。

でも、一人の人間として対等に接する時は
接しなければいけないんじゃないかと気づかされた。

父母だって辛い事はあるし、しんどい事も…
それを主人が居ない分、
ムスメが支えてくれようとしているのだと分かった時、涙が出た。

「父母の背中を見て子どもは育つ」
とは、こういう事なのかなって。

「話しても理解できないはず」じゃなくて、
「まずは、話して見ないと!」と思い、
これからは3人で、3人の家族のスタイルを作って行こうと思った。

今では、24時間の出来事を互いに話し、家族の絆を深めている。
時には喧嘩もあるけど…

子どもなりの、子どもだからこそのアドバイス、
「痛いところをつくなぁ~」と内心思いつつ、
でも確実にわしの宝物のような時間になっている。

まだまだ新しい技術のレーシック

まだまだ新しい技術のレーシック

★メニュー

割引制度を利用してレーシック手術
レーシックはどのように行われるのか
事前にレーシックの給付金を確認
日帰りで出来るレーシック手術
手術なので確実に成功するとは限らない
まだまだ新しい技術のレーシック
何よりもクリニックのサポート体制に注目
レーシック治療の実績数は要チェック
これからは裸眼で快適に生活
レーシックの安全性は非常に高い


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)悩み無しのレーシックナビゲーション