まだまだ新しい技術のレーシック

レーシックの手術法というのは、眼の中のレンズとされている角膜に安全性の高いレーザーをあてて治療をしていきます。
屈折率を変化させていき、ピントを徐々に合わせていくことで、視力回復を実現出来る手術となります。

 

レーシックというのは術中や術後の痛みを生じることはほとんど無く、手術による目へのダメージが比較的少ない治療方法となります。
着々とレーシックも広がりを見せており、次第に白内障の手術件数を上回り、 レーシックが占めることになるだろうと予想されているのです。
日本におきましては、2000年に厚生省からレーシックが認可されることになり、今では年間2万5千人の人がレーシックを受けています。
各クリニックのホームページを確認してみますと、実に95%以上の人が裸眼で1.0以上まで視力回復をしているのです。 レーシックは保険対象外となっているので治療を受けるためにはある程度まとまった費用が必要となってきます。
しかし保険が適用されるケースもあるので、まずはレーシックについていろいろと調べてみると良いでしょう。



まだまだ新しい技術のレーシックブログ:2021/4/10

コンチワ^^

子供の脳の成長に対して、
保育園や幼稚園がどのような影響を及ぼすのか
実際には解らないものである。

保育園にしても、その保育園が良ければ、
子供にとって自宅だけで育てるより効果的になる筈だし、
幼稚園にしても、その幼稚園が良ければ、
子供にとって最良の環境を与えることができる筈。

その一方で、
子供を保育園や幼稚園に行かせず、
小学校に上がるまでは
自分で育てるというお母さんがいてもいいのだ。

重要なことは
様々な選択肢を残すことであって、
画一的にしてしまうことではないと思う。

かつてソ連は
子供にために全土に保育園と幼稚園を整備したのだが、
結果的にソ連は崩壊し、
急激な人口減少に見舞われてしまった。

社会主義に基づいて、
社会で子供たちを育てようとして、
自分たちの理想とは逆に、
最悪の結果を引き起こしてしまったのである。

やはり子供を育てるのは父母の仕事なのであって、
それを基盤にして保育園や幼稚園があるのであって、
保育園や幼稚園がどんなに努力しても
お母さんの育児に取って代わることはできない。

そもそも「社会が子供たちを育てる」という発想を持つこと自体、
そのような考えを持つ人は、人間として自立していない証拠なのであって、
そのような者の意見を絶対に通してはならないと思う。

現在、保育園不足で待機児童がいるのだが、
待機児童がいて丁度いいと思う。

そこに、政府が余計なお節介で介入してくれば、
現在よりもひどい事態を引き起こすことになるだろう。

幼稚園にしても、
現在のように子供全員が行く方が異常なのである。

みんなが幼稚園に行っているのなら、
我が子供だけは幼稚園に行かせないという
臍曲がりな父母たちがいてもいいのだ。

――――――以上を持ちまして今日の報告は終了です。